WEB サーバ & WEB アプリケーション向けセキュリティスキャナ  Nikto(最終回) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

WEB サーバ & WEB アプリケーション向けセキュリティスキャナ  Nikto(最終回)

特集 特集

 これまでで、Nikto の概要からインストール、利用までの紹介をしてきた。前回までの記事で、WEB サーバに対して Nikto を使ったスキャンを行い、結果を得ることができると思う。しかし、それだけで安心してしまうことがあってはならない、ということも触れておかなくてはいけないだろう。

 Nikto はセキュリティスキャナとして、使用の簡便さやシグネチャの豊富さなどの面からも充分実用に耐える性能を持っている。しかし、セキュリティスキャナがいくら高度化したところで、決して完全なセキュリティチェックを行う事はできない。そこで、今回は Nikto の紹介のまとめとして、その限界を紹介したい。


●データベースに起因する限界と対策

 Nikto は、多くのセキュリティスキャナと同じように、スキャンを行うプログラムと、脆弱性チェックのためのデータベースから成り立っている。このため、データベースを更新することで新しいパターンの脆弱性にも素早く対応することができる。これはウイルス対策ソフトなどで、新しいウイルスに素早く対応するためにパターンファイルを更新するのとよく似ている。

 しかし、ここにまず最初の弱点がある。Nikto に限らず、セキュリティスキャナの限界点とも言えるこの弱点は、そもそもデータベースに登録されていない脆弱性は発見できない、ということだ。あたりまえのようだが、つい忘れてしまいがちになる。そのため、Nikto でスキャンした結果が「問題なし」となった場合、それだけで安心してしまいがちだ。だが、実際にはデータベースのバージョンが古かったり、そもそも登録されていない脆弱性があった場合には、サーバに問題があったとしても発見できない可能性がある。

 そこで、スキャンを行う際には必ずデータベースのアップデートが必要になる。少なくとも、データベースのバージョンが古いためにシグネチャが登録されず、本来は発見できるはずの脆弱性を見落とすといったことは避けられるだろう。

 データベースのバージョンアップを行うには、Nikto を展開したディレクトリで以下のようにコマンドを実行する。


./nikto.pl -update


 スキャンを行う前には必ず一度アップデートを行い、最新のデータベースを適用する必要がある。


●WEB サーバ専用であることの限界と対策

 Nikto は Nessus や Internet Scanner、Retina などのスキャナと違い、WEB サーバに特化したセキュリティスキャナだ。そのため、WEB サーバに対してのセキュリティチェックしか行わない。これは重要なポイントとなる。

 一般的に WEB サーバには、Apache や IIS などの WEB サービス以外のサービスが稼動している。例えば、WEB サイトの更新などのメンテナンスを行うための FTP サービスや、リモートログインを行うための Telnet や SSH といったサービスが多くの WEB サーバで稼動しているだろう。サーバによっては WEB サーバとして機能を限定せず、メールサーバやネームサーバとしての機能も盛り込んでいるかもしれない。

 しかし、Nikto はそれらのサービスが安全であるかどうかについては検査してくれない。そのため、WEB サービス以外のサービスに脆弱性があった場合、Nikto でのスキャン結果に問題が発見されなかったからといって安全であるとは言えないことになる。


他力本願堂本舗
http://tarikihongandou.shadowpenguin.org
Mailto:tarikihongandou@shadowpenguin.org
tarikihongandou@hotmail.com

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec


参考:
・WEB サーバ & WEB アプリケーション向けセキュリティスキャナ Nikto 第1回(2004.5.13)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/12998.html
・WEB サーバ & WEB アプリケーション向けセキュリティスキャナ Nikto 第2回(2004.5.20)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/13061.html
・WEB サーバ & WEB アプリケーション向けセキュリティスキャナ Nikto 第3回(2004.6.3)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/13199.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

    [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  3. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  4. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第3回「アクターとダークウェブ」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  7. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」

  9. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第3回「通信密室」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×