問題噴出するサイバー犯罪条約 米国だけでなくカナダも批准に暗雲 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

問題噴出するサイバー犯罪条約 米国だけでなくカナダも批准に暗雲

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Scan Security Wire 編集部とバンクーバー新報(カナダ)の取材によって、カナダにおけるサイバー犯罪条約の批准が大幅に遅れる見込みであることが明らかになった。

 国際的なサイバー犯罪に関する条約、通称サイバー犯罪条約については、その内容に数多くの問題点が指摘されているだけでなく、主要国の批准が遅れているという問題も顕在化してきている。

 この条約にはEU以外では米国、カナダ、日本などが署名しているが、すでに本誌で報じたように米国の批准は当面困難となっている。

 問題だらけのサイバー犯罪条約 米国も批准を見送る可能性(2004.5.12)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/3/12972.html

 今回、Scan Security Wire 編集部とバンクーバー新報(カナダ)の取材によって、カナダ政府の批准も当面難しいことが明らかになった。
 また、EU圏でもドイツ、フランス、イギリスといった主要国はまだ批准していない。

 これにより、日本をのぞく主要国は当面批准しない可能性が高くなった。サイバー犯罪はその性格上、国際間の協調が不可欠であるため、主要国が軒並み批准しない条約は実効性がきわめて低いといえる。

 また、条約批准には国内法の整備が必要となるため、条約締結そのものは目的ではなく、国内法強化が目的という批判もでてきている。
 主要国の中で日本だけが批准するための法整備を実施するということは、条約締結を口実にした国内法整備が目的というそしりをまぬがれえないであろう。

 カナダにおけるサイバー犯罪条約の批准状況については Scan Security Wire にレポートが掲載される予定である。

Scan Security Wire
http://ns-research.jp/c2/


関連記事

サイバー犯罪条約批准および関連法規の改正とネット事業への影響
■第1回■(2004.4.06) 指宿 信(立命館大学法科大学院教授)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/11/12720.html
■第2回■(2004.4.13) 指宿 信(立命館大学法科大学院教授)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/11/12783.html
■第3回■(2004.4.20) 指宿 信(立命館大学法科大学院教授)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/11/12831.html
■第4回■(2004.4.27) 指宿 信(立命館大学法科大学院教授)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/11/12900.html
■最終回■(2004.5.11) 指宿 信(立命館大学法科大学院教授)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/11/13150.html


サイバー犯罪条約、米国市民のプライバシーを危機に晒す(2003.11.28)
The Register 提供
https://www.netsecurity.ne.jp/article/2/11717.html

グローバルスタンダードに逆行するトンデモ法「ハイテク犯罪に対処するための刑事法の整備」について考えてみよう!(2004.3.2)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/12413.html

イスラエルのセキュリティ専門集団 SecuriTeam に聞くサイバー犯罪条約と日本の対応(2004.3.9)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/12477.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

    シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  9. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

  10. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×