Winnyの開発、配布者が著作権法違反を幇助した疑いで逮捕 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

Winnyの開発、配布者が著作権法違反を幇助した疑いで逮捕

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
・゜・☆。・゜。・。      合格率7%のインターネット検定
・。。・。゜・☆。・゜。・    【 .com Master★★★ 対策セミナー 】
。・゜ ・゜・ 。 ・゜・☆。・゜。・。。・
☆・゜。・゜。  他では手に入らない2004年度版オリジナル問題集を配布!
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?s-coml01_netsec
───────────────────────────────────


 京都府警生活安全企画課ハイテク犯罪対策室は5月10日、P2Pファイル共有ソフト「Winny」の開発および配布者である国立大学大学院教員を逮捕した。本年3月に著作権のあるファイルをネット上に無断で公開したとして摘発された群馬県高崎市の自営業者(当時41歳)と松山市の無職少年(当時19歳)に対する著作権違反幇助容疑としている。


京都府警察
http://www.pref.kyoto.jp/fukei/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×