5月6日のWeb改竄情報 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

5月6日のWeb改竄情報

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

──────────────────────────────〔Info〕─
ド┃ッ┃ト┃コ┃ム┃マ┃ス┃タ┃ー┃試┃験┃対┃策┃セ┃ミ┃ナ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 他では手に入らない“オリジナル問題集”を使用した試験対策講座。
     インターネット検定「.com Master★★★」合格への最短距離!!
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?s-coml01_netsec
───────────────────────────────────


 5月4日および6日、1件ずつのWebサイト改竄が確認されている。改竄を行ったのはエス・エスインターナショナルトレーディング有限会社がe-c-h-o、ダイナカスト・インターナショナル・リミテッドがTechTeamと名乗るグループで、OSは前者がWindows、後者はFreeBSDを使用していた。なお、5月6日16時現在、ともに復旧されていない状態だ。

・復旧されていないサイト

エス・エスインターナショナルトレーディング有限会社
http://ssintl.co.jp/

ダイナカスト・インターナショナル・リミテッド
http://dynacast.co.jp/


※この情報は以下のサイトを参考にさせていただきました。

Zone-H.org
http://www.zone-h.org/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×