Cloudmark社の迷惑メール対策ソフトをASPサービスとして提供(ファーストサーバ) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

Cloudmark社の迷惑メール対策ソフトをASPサービスとして提供(ファーストサーバ)

 ファーストサーバ株式会社とCloudmark社(米国)は3月31日、Cloudmarkの迷惑メール対策ソフトウェア「Authority」を、国内でASPサービスとして提供開始すると発表した。「Authority」は、迷惑メールの "DNA" を分析することで迷惑メールを予見し、企業ネットワークへの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ファーストサーバ株式会社とCloudmark社(米国)は3月31日、Cloudmarkの迷惑メール対策ソフトウェア「Authority」を、国内でASPサービスとして提供開始すると発表した。「Authority」は、迷惑メールの "DNA" を分析することで迷惑メールを予見し、企業ネットワークへの迷惑メールの侵入を未然に阻止することができるソリューション。同ソリューションにはCloudmark社の独自技術「spamDNA」が採用されており、従来のアドレスによるフィルタではなく、メール本文の "遺伝的特徴" を元に類推判別する。ファーストサーバでは、2004年7月以降に、同社のレンタルサーバサービス上で有料オプション・サービスとして提供する予定。同サービスの月額利用料金は1メールアカウントあたり210円。

http://www.fsv.jp/release/2004033101.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×