ハッカーやウイルスなど他責被害を補償・認証するサービスを提供開始(ライブドア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

ハッカーやウイルスなど他責被害を補償・認証するサービスを提供開始(ライブドア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ライブドアは3月1日、インターネット接続に対するセキュリティ強化サービス「livedoor ネットプロテクトサービス」を3月1日より提供開始すると発表した。同サービスは、日本インテリジェンス株式会社が提供する個人向けインターネット・リスクヘッジ・ソリューションサービス「Pi-2003s」を採用したことにより実現した。「Pi-2003s」は、不正アクセスやウイルスなどの攻撃を監視、予防する機能と、実際にパソコンが被害に遭った時に復旧させるまでのサポートサービスを組合わせたインターネット他責被害補償サービス。「livedoorネットプロテクトサービス」は、livedoorのインターネット常時接続サービスにPi-2003sのプロテクト&サポート機能がセットになったコース。利用料金は月額300円。

http://corp.livedoor.com/pressroom/pressrelease/content?id=274
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×