不正プログラムの侵入検知製品「OFFICE SHIELD」を発売(シンセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

不正プログラムの侵入検知製品「OFFICE SHIELD」を発売(シンセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社シンセキュアは、社内に配置された各コンピュータが動作させているプログラムを一元管理することにより、未知ウイルスなどの不正プログラムの侵入を検知/遮断する「OFFICE SHIELD」を発表した。同製品は、アプリケーションの挙動を監視するソフト「SecureVM」を利用して、クライアント情報をリアルタイムに収集/分析することが可能な企業向けマネージメントサーバ。クライアントで実行しているプログラム一覧を収集・分析し、実行許可リストを生成してクライアントに配信することが可能なため、必要のないアプリケーションの起動の制御や不正なプログラムの侵入を防止できる。また、クライアントに対して、ワクチン等の実行プログラムや、Windows Updateの配信も可能。発売は4月より。現在、同社サイトから無料試用版がダウンロード可能。

http://www.synsecure.co.jp/news/20040301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×