スパム・ウイルス対策製品「Z-Linuxメールフィルタ」を発売(サードウェア) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

スパム・ウイルス対策製品「Z-Linuxメールフィルタ」を発売(サードウェア)

 株式会社サードウェアは、スパム・ウイルス対策製品「Z-Linuxメールフィルタ」を開発、12月より一般向け販売を開始すると発表した。同製品は、サードウェアが開発したLinuxオペレーティングシステム「Z-Linux」上で動作するスパム・ウイルス対策ゲートウェイ製品。ウイ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社サードウェアは、スパム・ウイルス対策製品「Z-Linuxメールフィルタ」を開発、12月より一般向け販売を開始すると発表した。同製品は、サードウェアが開発したLinuxオペレーティングシステム「Z-Linux」上で動作するスパム・ウイルス対策ゲートウェイ製品。ウイルスとスパムチェックの条件をユーザごとにカスタマイズできることが特長で、スパムおよびウイルスチェック機能自体のオンオフも可能。サーバ上に隔離されたメールの内容はすべて確認でき、必要に応じて隔離エリアからメールを取り出すこともできる。同製品のウイルスチェックには、F-Secure社の高速スキャンエンジンを搭載しており、AVP、Orion、F-Protという3種のウイルスチェックプログラムにより、ウイルスやワームなどを含むの有害メールを高精度に検出、隔離することが可能となっている。同製品の価格は9万円〜。

http://www.3ware.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×