Windowsに新たな脆弱性、MSBlastと同様の攻撃が可能(米マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

Windowsに新たな脆弱性、MSBlastと同様の攻撃が可能(米マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米マイクロソフトは9月10日(米国時間)、Windowsの新たな3つの脆弱性(MS03-039)を発表した。今回はWindows DCOMのRPCSSサービスにおけるセキュリティホールで、このうち2つはバッファオーバーラン、もう1つはサービス拒否(DoS)攻撃が可能というもの。これらの脆弱性を悪用した場合、MSBlastと同様、TCPポート135を使ってリモートから任意のコードを実行したり、DoS攻撃の被害を受ける可能性がある。また、この2つのバッファオーバーランのいずれかを悪用すれば、攻撃者はリモートコンピュータへのフルアクセスが可能となるため、マイクロソフトではこの脆弱性を深刻度「緊急」として発表している。影響を受けるOSは、Windows NT 4.0、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003。これらの脆弱性に対する修正プログラムはマイクロソフトWebサイトにて公開されている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/bulletin/MS03-039ov.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×