スロべニアのハッカー、自殺する | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

スロべニアのハッカー、自殺する

John Leyden 2003年8月12日 12:21 GMT

国際 海外情報
John Leyden
2003年8月12日 12:21 GMT

 セキュリティ上の脆弱性に関してスロべニアの大手銀行と法的に争っていた同国のハッカーが先週、遺体で発見された。

 警察は、その場で発見された銃から Robert Skulj(28 歳)が銃で頭部を撃って自殺したと断定。遺体は、8月8日 Skulj の施錠されたアパートで発見された。

 昨年、Skulj はスロべニアの銀行、Nova Ljubljanska Banka (NLB) に導入されている Klik と呼ばれる電子ビジネス・システムに深刻なセキュリティホールを発見したと主張した。

 地元の報道によると、Skulj は NLB と交渉して発見した不具合を悪用するトロイの木馬と修正プログラムを 500,000 ユーロ(568,050 ドル)で売ろうとしていたという。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×