リコー、帯広市の戸籍データを紛失。ヤマト運輸が誤って廃棄か | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

リコー、帯広市の戸籍データを紛失。ヤマト運輸が誤って廃棄か

──────────────────────────────〔Info〕─ 【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■  キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円               ■■■■■■■■■■■■■■    国内 co.jp ドメ

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■
 キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円
              ■■■■■■■■■■■■■■
   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約20万件の網羅的なデータベース
   → https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_sdx
───────────────────────────────────

 リコーは7月25日、同社がシステム構築を請け負っている北海道帯広市の「除籍・改製原戸籍検索発行システム」が扱うデータの一部を記録した磁気テープを誤って紛失したと発表した。発端は4月4日、同システムの帳票出力が一時的に行えなくなる事態が発生し、4月7日に横浜にある「リコー戸籍情報システムコールセンター」に当該磁気テープが送付された。しかし問題は発見されず、様子を見るということで磁気テープは帯広市に返送された。これが未だに届かず紛失したという。リコーとヤマト運輸が共同で捜索しているが発見できず、「消去法で考えると、羽田空港内のヤマト運輸の仕分け場で廃棄物にまぎれて粉砕焼却処理された可能性が高い」(リコー)という。


リコー 帯広市役所様に納入の「除籍・改製原戸籍検索発行システム」に係わる件
http://www.ricoh.co.jp/R_Info/notice/info030725.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×