注目を集める"Webアプリケーションのセキュリティ対策"(2) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

注目を集める"Webアプリケーションのセキュリティ対策"(2)

特集 特集

〜RSA Conference 2003 Japan クラストラックセッションレポート〜

〜[前号より]〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 セキュリティによる被害を自動車事故に例えて考えてよう。事故の原因は自動車または運転者のどちらか、もしくは両方が原因となる。事故を防ぐためには自動車の点検・整備を実施し、運転者が安全運転をしなければならない。自動車をWebサーバ、運転者をWebサーバ上で動いているWebアプリケーションとイメージして頂きたい。自動車の問題に対処することは前述のファイアウォールの設置やWebサーバの管理などにあたる。運転者の問題に対処することがこれからの内容になる「Webアプリケーションのセキュリティ対策」を意味する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 さて、前置きが長くなったが、RSA Conference 2003 Japanにて、クラストラックセッションに「Webアプリにおけるセッション追跡の欠陥とその自動検出方法」を聴講した。セッションの内容はRSA Conferenceの講演者向けのサイトに問題が発見されたことから始まり、Webアプリに関する様々な問題点について例を交えながら説明して頂いた。セキュリティカンファレンスのサイトですら問題が存在していたのである。私を含めた聴講者は現状のWebアプリケーションのセキュリティがいかにずさんかを思い知らされることになった。

 その問題とは、講演のタイトル通りセッションに関する問題点であった。一般のアクセスと特別なアクセスを区別するためには、ユーザ名とパスワードを設定する手法がよく使用され、今回の例となった講演者向けのサイトでも同様の手法が使用されていた。しかし、ログイン後に表示された各種情報ページのURLを直接ブラウザに入力してみると、ユーザ名とパスワードの入力画面を迂回して直接各種情報ページにアクセスできてしまったのである。URLさえ知っていれば誰でもアクセスが可能な状態だったのである。ちなみに、問題があったサイトではフレームを使用していたので直接URLを見ることはできなかったようだが、それが無意味であることは説明する必要はないだろう。

 実はこういったことが可能なサイトはそれほど珍しくない。URLの入手をどうするかという問題も場合によっては簡単に解決できる。例えば、会員制のサイトで一度会員になれば会員ログイン後のURLを入手することは当然可能である。後は、入手したURLを直接ブラウザに入力してその結果を確認するだけだ。いずれにしても、認証が必要なページへのアクセスは、適切に認証を受けた場合のみ表示されるという設計であり、それが正常に機能していることを確認する必要がある。そして、講演者の説明のとおりその確認はいたって簡単な作業で実施できる。制作側がそれを「やれない」のか「やらない」のかは定かではないが、手作業でやると非常に面倒な作業であることは確かである。

 また、URLを直接入力するだけではなく、パラメータに簡単な修正を加えるだけで問題が発生する場合もある。例えば、以下のURLはオンラインストアで商品をショッピングカートにいれた場合のものだとする。

http://www.SERVER.com/shopping.cgi?customerid=1234&number=1&price=1000

 ご存じの通りWebアプリケーションの作り方によっては、ブラウザに入力された情報はURLパラメータとなりサーバに送信される。上の例では変数
customeridに値1234、変数numberに値1、変数priceに値1000が入力(設定)されていることを意味する。URLを閲覧するだけで、「顧客番号は1234で、商品番号1番で価格は1000円の品がショッピングカートに入っている」というイ
メージが簡単についてしまうだろう。これを以下のように書き換えてみる。

http://www.SERVER.com/shopping.cgi? customerid=1234&number=1&price=10


株式会社ネットワークセキュリティテクノロジージャパン
技術統括部・部長   岩崎哲也
102-0083 東京都千代田区麹町2−2麹町鈴木ビル3F
TEL 03-3515-1010 FAX 03-3515-7161


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  9. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×