セキュリティ情報開示ルールのドラフト版が公開される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

セキュリティ情報開示ルールのドラフト版が公開される

──────────────────────────────〔Info〕── ■国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開!■ _/_/_/_/_/OSのバージョン、ORDB登録状況、事業者名までわかる!_/_/_/_/_/

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕──
■国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開!■
_/_/_/_/_/OSのバージョン、ORDB登録状況、事業者名までわかる!_/_/_/_/_/

【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】
詳細→ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_netsec
───────────────────────────────────


 米ソフトソフトウェアベンダーとセキュリティ企業11社で構成されるOIS(Organization for Internet Safety)は、セキュリティホール情報の報告とその対処に関するルールのドラフト版「Security Vulnerability Reporting and Response Guide」を公開した。また、同サイトでは情報開示ルールのドラフト版に対する意見を7月7日まで募集する。


OIS(Organization for Internet Safety)
http://www.oisafety.org/resources.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×