LinuxのSAP DBでグローバルに書き込み可能な実行ファイルの脆弱性が存在 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.27(金)

LinuxのSAP DBでグローバルに書き込み可能な実行ファイルの脆弱性が存在

国際 海外情報

──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年    <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、LinuxのSAP DBにおいて、攻撃者が簡単に置換又は変更が行える書き込み可能な複数の実行ファイルをインストールする脆弱性が存在する。攻撃者が正常な実行ファイルを攻撃を実行するプログラムやスクリプトに置換したり、あるいはSAPの実行ファイル(検出の防止)を走らせるだけで、ユーザがSAP DBソフトウェアを使用した場合に不正プログラムが実行できるようになる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 【12:04 GMT、04、01、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×