東京ゲームデザイナー学院とソフト不正コピー損害賠償訴訟で和解(コンピュータソフトウェア著作権協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

東京ゲームデザイナー学院とソフト不正コピー損害賠償訴訟で和解(コンピュータソフトウェア著作権協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、ジャストシステム、マイクロソフトコーポレーションなど当協会会員会社3社が、エッグエデュケーショナルインテリジェンス(東京ゲームデザイナー学院)とソフト不正コピー損害賠償訴訟で和解したと発表した。3社は他2社と合同で、昨年9月3日、東京・大阪のコンピュータスクール合計3校を相手取り、校内でのコンピュータソフトの不正コピーについて、著作権侵害による損害賠償請求の訴訟を東京・大阪両地方裁判所に提起していた。今回の和解は東京地方裁判所の勧告に基づくもので、和解内容および経緯については、和解の条項に従い公表されていない。

http://www.accsjp.or.jp/release/030325.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×