ロシア人ハッカーがデータを破壊、引渡し金を要求 | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

ロシア人ハッカーがデータを破壊、引渡し金を要求

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、2月3日、ロシア人ハッカーがコスタリカのサンフアンにあるGraphix Softech F.Aに侵入し、サーバ5台を乗っ取る事件が発生したという。同社はインターネット最大のオンラインゲームオペレーションのひとつ。2月6日に暗

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、2月3日、ロシア人ハッカーがコスタリカのサンフアンにあるGraphix Softech F.Aに侵入し、サーバ5台を乗っ取る事件が発生したという。同社はインターネット最大のオンラインゲームオペレーションのひとつ。2月6日に暗号鍵を取り戻し4台を復旧したが、5台目のハードドライブは全てのデータが消去されていた。このデータの大部分はバックアップが行われておらず、同社は1日で75,000ドルの損失をこうむり、今後、同社のサービスを利用している取引先に訴えられる可能性もある。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【19:30 GMT、02、24、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×