【詳細情報】中東諸国で最もサイバー攻撃が活発なイランとクウェート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

【詳細情報】中東諸国で最もサイバー攻撃が活発なイランとクウェート

国際 海外情報

◆概要:
 中東諸国の中で、イランとクウェートがサイバー攻撃発信数でそれぞれ一位と二位である事が報告された。10万ユーザーあたりイランは29.3件、クウェートは23.3件の割合で攻撃が発信されている。

 米国合衆国は全サイバー攻撃の中では35.4%とトップの座にいるが、2001年前半の40%より若干減少している。それ以外では、韓国の12.8%、中国の6.9%が合衆国の後を追っている。現在、サイバーテロ脅威の状況下であるにも関わらず、中東はサイバー攻撃が全体の僅か1%にも満たない。さらに、サイバーテロ攻撃警告リストに掲載されている13ヶ国は全体の1%より少ないという。警告リストにある国々とは、イラン、クウェート、パキスタン、サウジアラビア、モロッコ、アラブ首長国連邦、キューバ、レバノン、ヨルダン、リビア、スーダン、それにインドネシアである。
 但し、このデータにはワームや複合攻撃などは含まれていない。


◆情報ソース:
・Overseas Security Advisory Council ( http://www.ds-osac.org/view.cfm?KEY=7E4455414050&type=2B170C1E0A3A0F162820 ) , Feb. 05, 2003

◆キーワード:
 Cyber terrorists Hacker Group: Other
 Iran Kuwait


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【12:18 GMT、02、07、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×