Red Hat Linuxの新規ユーザのファイル許可に欠陥 | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

Red Hat Linuxの新規ユーザのファイル許可に欠陥

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Red Hat社のLinuxシステムでは、ユーザの電子メール受信箱のデフォルト許可にセキュリティ上の欠陥が存在する。デフォルト設定のMaildirメール受信箱フォーマットを使用すると、ユーザが所有する/var/spool/mailなど

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Red Hat社のLinuxシステムでは、ユーザの電子メール受信箱のデフォルト許可にセキュリティ上の欠陥が存在する。デフォルト設定のMaildirメール受信箱フォーマットを使用すると、ユーザが所有する/var/spool/mailなどのディレクトリにファイルが作成される。着信した電子メールはこのファイルにコピーされ、ユーザによるアクセスが可能になる。残念ながら、Red Hat Linuxのデフォルト設定では、ファイルを所有するグループにもこのファイルの読み取り・書き込み許可が付与される。public(共有)グループで一次グループメンバーシップを持つユーザを作成すると、同一グループの他ユーザも新規ユーザの電子メールを読み取り、編集し、削除できるようになる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:57 GMT、02、14、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×