Red Hat Linuxの新規ユーザのファイル許可に欠陥 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Red Hat Linuxの新規ユーザのファイル許可に欠陥

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Red Hat社のLinuxシステムでは、ユーザの電子メール受信箱のデフォルト許可にセキュリティ上の欠陥が存在する。デフォルト設定のMaildirメール受信箱フォーマットを使用すると、ユーザが所有する/var/spool/mailなどのディレクトリにファイルが作成される。着信した電子メールはこのファイルにコピーされ、ユーザによるアクセスが可能になる。残念ながら、Red Hat Linuxのデフォルト設定では、ファイルを所有するグループにもこのファイルの読み取り・書き込み許可が付与される。public(共有)グループで一次グループメンバーシップを持つユーザを作成すると、同一グループの他ユーザも新規ユーザの電子メールを読み取り、編集し、削除できるようになる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:57 GMT、02、14、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×