Windows 2000 ARPのセキュリティの問題が報告される | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

Windows 2000 ARPのセキュリティの問題が報告される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Microsoft Windows 2000で、静的に設定されたARP (Address Resolution Protocol) アドレスの問題が報告された。ARPは、IPアドレスなどのネットワークアドレスをEthernet MACアドレスなどのハードウェアアドレスにマッ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Microsoft Windows 2000で、静的に設定されたARP (Address Resolution Protocol) アドレスの問題が報告された。ARPは、IPアドレスなどのネットワークアドレスをEthernet MACアドレスなどのハードウェアアドレスにマッピングするために利用する。通常、ARPエントリーは、新規ARPパケットの確認と同時に更新され、タイムアウト後に削除される、動的リストを使って管理する。ほとんどのOSと同様、Windows 2000も静的設定ARPエントリー値をサポートしている。これは、仲介者攻撃やARP汚染などの、サブネットベースのローカル攻撃の防止に利用できる。しかし、リモート攻撃者がWindows 2000の静的ARPエントリーを動的エントリーに変更し、セキュリティを無効にする可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:19 GMT、02、13、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×