総当たり攻撃を仕掛けるNTSMBトロイの木馬 | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

総当たり攻撃を仕掛けるNTSMBトロイの木馬

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、新たな総当たり攻撃ツールのNTSMBは、リモートのIPC$共有に侵入するように設計されている。サイズは57,344バイトで、通常、電子メールなどのファイル共有媒体を介して他のコンピュータに拡散する。NTSMBはrootkitの一

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、新たな総当たり攻撃ツールのNTSMBは、リモートのIPC$共有に侵入するように設計されている。サイズは57,344バイトで、通常、電子メールなどのファイル共有媒体を介して他のコンピュータに拡散する。NTSMBはrootkitの一部である可能性が高く、検知を回避し、感染させたコンピュータ、ネットワークを乗っ取り、攻撃するように設計されている。NTSMBが動作すると、攻撃者はSMBプロトコルを用いて、1つ以上のIPアドレスを調査できる。よって、NTSMBは、Microsoft Windowsのネットワーク共有への侵入に用いられるrootkitの一部であると思われる。総当たり攻撃は、共有が見つかったコンピュータ上のIPC$共有に対して仕掛けられる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【02:57 GMT、02、12、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×