pam_xauthの欠陥に対応する暫定処置が公開 | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

pam_xauthの欠陥に対応する暫定処置が公開

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、PAMモジュール、pam_xauthのセキュリティ上の欠陥に対する暫定処置が公開された。また、ベンダーのアップデート版も発表されたが、まだリリースされていない。pam_xauthは、ユーザーがルートユーザーの場合のみ、xau

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、PAMモジュール、pam_xauthのセキュリティ上の欠陥に対する暫定処置が公開された。また、ベンダーのアップデート版も発表されたが、まだリリースされていない。pam_xauthは、ユーザーがルートユーザーの場合のみ、xauth cookieを転送することになっている。しかし、多くの場合、ルートが"su"を用いたユーザーにはルートアカウントから他のユーザーにcookieを転送する。この結果、ルートが"su"を用いて敵意のあるユーザーになり、敵意のあるユーザーのホームディレクトリに、コピーされたルートのxauth cookieをコピーするスクリプトが実行されると非常に危険である。敵意のあるユーザーはコマンドを実行し、ルートのXセッションを確認し、容易にホストを乗っ取ることができる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:42 GMT、02、04、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×