ポート17300の活動が増加 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

ポート17300の活動が増加

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Internet Storm Centerからのデータによると、過去数日間にポート17300での活動が増加している。活動の増加は、Kuang2と呼ばれるトロイの木馬に関連している可能性がある。全体的に見ると、TCPポート17300は全ISCデータの約35%を占めているにすぎないが、ポート17300の活動は週末から2倍に増加しており、この特定のポートでの絶対的なデータ量が大きく増加していることを示している。現時点ではネットワークに大きな影響を与えている状態ではないものの、データの増加がデフォルトでこのポートにおいて動作するKuang2トロイの木馬に関与している可能性があり、Kuang2に感染したコンピュータがトロイの木馬によって完全に制御されている可能性も高くなる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:40 GMT、02、03、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×