Opera 7 for Windowsにセキュリティホール | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

Opera 7 for Windowsにセキュリティホール

 イスラエルのセキュリティ関連企業GreyMagicは「Opera 7 for Windows」正式版に複数のセキュリティホールが存在すると発表した。脆弱性は5種類確認されており、1つ目は任意のスクリプトをウィンドウ上で実行し、cookieやローカルファイルの盗用が可能であること。2つ目

国際 海外情報
 イスラエルのセキュリティ関連企業GreyMagicは「Opera 7 for Windows」正式版に複数のセキュリティホールが存在すると発表した。脆弱性は5種類確認されており、1つ目は任意のスクリプトをウィンドウ上で実行し、cookieやローカルファイルの盗用が可能であること。2つ目は例外メッセージ出力機能に任意のJavaScriptコードを埋め込み、ローカルファイルの盗用が可能であること。3つ目は画像単体をURLで指定して表示させたときに内部で生成されるHTMLにクロスサイトスクリプティング脆弱性があるというもの。4つ目はWebページ作成者に訪問者の履歴が判明してしまうこと。5つ目は過去の例外メッセージを他人に取得されてしまうこと。問題の回避には、現在のところJavaScriptを無効にするしかない。


GreyMagic Security Advisory GM#002-OP
Opera's Security Model is Highly Vulnerable.
http://security.greymagic.com/adv/gm002-op/

GreyMagic Security Advisory GM#003-OP
Topic: Phantom of the Opera.
http://security.greymagic.com/adv/gm003-op/

GreyMagic Security Advisory GM#004-OP
Opera Images.
http://security.greymagic.com/adv/gm004-op/

GreyMagic Security Advisory GM#005-OP
Opera: What's Next.
http://security.greymagic.com/adv/gm005-op/

GreyMagic Security Advisory GM#006-OP
Sniffing Opera's Tracks.
http://security.greymagic.com/adv/gm006-op/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×