Slammer感染サーバー上で不審なドライバーファイルが発見される | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

Slammer感染サーバー上で不審なドライバーファイルが発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、複数の報告により、2003年1月24日に発生したSlammerワームの後、Microsoft SQL Serverがインストールされたサーバー上に不審なドライバー、ierk8243.sysの存在が確認されている。現時点では新種のトロイの木馬、IERK

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、複数の報告により、2003年1月24日に発生したSlammerワームの後、Microsoft SQL Serverがインストールされたサーバー上に不審なドライバー、ierk8243.sysの存在が確認されている。現時点では新種のトロイの木馬、IERK(別名Slanret)に関する詳細は不明である。しかし、サーバーの再起動を期待してSlammerの発生前にこのトロイの木馬によって特定のサーバーが攻撃されていたのか、2つの出来事は無関係なのかは未確認のままである。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【17:31 GMT、01、31、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×