【詳細情報】Project India Crackedが活動停止 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

【詳細情報】Project India Crackedが活動停止

国際 海外情報

◆概要:
 世界中の反インド的ハッキング行為をトラッキングしてきたウェブサイト、Project India Crackedが活動を終了した。このサイトはシンガポールに住むインド人大学院生であるK. Srijith氏によって運営されていた(ID# 105333, Aug. 30, 2001)。

 このサイトのアドレスは http://www.srijith.net/indiacracked/ で、3年近くの活動を経て2003年1月3日に閉鎖した。 Srijith氏によると、このサイトは「ハッカーグループによるインドのサイトに対する攻撃を認識してもらうため」に立ち上げたということで、「少なくとも部分的には」その目的を達したということらしい。このサイトは2000年4月28日に立ち上げられたが、Srijith氏によると3000件以上のハッカー攻撃をリストしていたという。

 2002年11月末に、Srijith氏はFirst Monday Internetというニュースサイトに、「Analysis of the Defacement of Indian Web Sites(インドのウェブサイトに対する攻撃分析)」というタイトルで記事を掲載していた。彼自身はこの記事を「Project India Crackedの最新情報を集約したもの」とコメントしている。


◆情報ソース:
・iDEFENSE Intelligence Operations, Jan. 23, 2003
・Project India Cracked website ( http://www.srijith.net/indiacracked/ ) , Jan. 03, 2003
・First Monday (Internet journal) ( http://www.firstmonday.dk/issues/issue7_12/srijith/index.html ) , Nov. 29, 2002

◆キーワード:
 Incident: Defacement India
 Pakistan

◆分析:
 (iDEFENSE 米国)Project India Crackedの閉鎖は、ハッカーグループの反インド勢力と反パキスタン勢力の動向や状況を理解する上でマイナスとなるものである。残念ながら、サイバー戦争が両者の間で激化した場合、Project India Crackedの必要性を感じることとなるだろう。Srijith氏のコメントは、非常に深い洞察に基づいたもので、インドとパキスタン両国の軋轢がサイバー世界に対してどのような影響を与えているかが明らかにされていた。

 Project India Crackedのような特殊なハッキング行為トラッキングウェブサイトの閉鎖によって、Attrition.orgやAlldas、Safemodeといったより一般的なハッキングミラーサイトの閉鎖や活動停止を引き起こしている(ID# 107169, Jan. 25, 2002)。その結果、世界中で行われているハッキング行為のトラッキングサイトは、Zone-H ハッキングアーカイブだけとなってしまった。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【11:38 GMT、01、24、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  8. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×