【詳細情報】ウェブサイトがステガノグラフィック画像検知ユーティリティを提供 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

【詳細情報】ウェブサイトがステガノグラフィック画像検知ユーティリティを提供

国際 海外情報

◆概要:
 人々にテロへの戦いの支援を呼びかけているウェブサイトが現在、ステガノグラフィー検知ユーティリティを提供している。ステガノグラフィーとは、画像にメッセージを埋め込むプロセスを指す。アルカイダといったテロリストグループは、ステガノグラフィーを用いて連絡を取り合っていると、多くの人々が考えている。

 ユーティリティは無料で提供されており、個人情報は不要である。ユーティリティは、コンピューターが動作中およびインターネットに接続されており、スクリーンセーバーと同様にビジーでない場合のみに動作するとのことである。 http://www.helpcombatterrorism.com にあるこのウェブサイトによれば、ユーティリティは、画像に対して実行されると、ステガノグラフィック情報を格納している可能性のある画像を検知できるアルゴリズムをベースとしている。

 アプリケーションがPCにインストールされると、PCはコンピューターネットワーク上のノードとして動作する。ウェブサイトによれば、"Help Combat Terrorism"サーバーが、処理のためにPCに画像を送信する。疑わしい画像が見つかった場合、PCはサーバーに画像のログへの記録を問い合わせてサーバーが管理者に通知する。

 ウェブサイトによれば、この活動はテキサス州オースティンの起業家グループによって組織され、民間資金で運営されており、全くの愛国的な活動であるとのことである。スキャンエンジンの作者はNiels Provos氏という人物で、ミシガン大学の博士論文提出の資格を得た学生とのことである。


◆情報ソース:
・Help Combat Terrorism ( http://www.helpcombatterrorism.com/index.htm ) , Jan. 13, 2003
・University of Michigan ( http://www.citi.umich.edu/u/provos/ ) , Jan. 09, 2003

◆キーワード:
 Actor: Other United States

◆分析:
 (iDEFENSE米国)これは、対テロ戦争に貢献しようとする民間人による合法的な活動である可能性がある。しかし、このユーティリティのインストールを検討しているユーザーは用心すべきである。作者の身元以外、組織の主催者の身元を示す記載は何もない。アプリケーションをインストールすると、PCと正体不明のウェブサーバーとの間に監視不能な双方向接続が開かれる。

 当該ウェブサイトには、アプリケーションのパフォーマンスの測定結果、システム要件、有効性は提示されていない。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【23:34 GMT、01、13、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  5. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×