DHCP Relay Serverの欠陥に対するパッチがリリース | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

DHCP Relay Serverの欠陥に対するパッチがリリース

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ISCのDHCP relay serverの耐久性を向上させるためのセキュリティパッチがリリースされた。DHCPパケットの2つめのフィールドである「giaddr」を全て「0」に設定しなければならないとしているが、全て「0」になっていな

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ISCのDHCP relay serverの耐久性を向上させるためのセキュリティパッチがリリースされた。DHCPパケットの2つめのフィールドである「giaddr」を全て「0」に設定しなければならないとしているが、全て「0」になっていなくても、ISC DHCP relay serverはこれを処理してしまう。またサーバーはこの値を修正しないため、攻撃者は「giaddr」を任意の値に設定することが可能となる。攻撃者はこれを悪用しDoS攻撃を実行することができる。ただし、この問題によって、攻撃者は DHCP relay serverを使って攻撃を増長させ、より大きな被害をもたらすだけでなく攻撃経路を追跡しにくくすることができる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:30 GMT、01、21、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×