複数のベンダーは依然PostgreSQLのセキュリティ上に欠陥 | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

複数のベンダーは依然PostgreSQLのセキュリティ上に欠陥

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、一部のベンダーは、オブジェクトリレーショナルSQLデータベース、PostgreSQLのセキュリティ上の欠陥を解消済みとしている。しかし、実際には脆弱問題は解消されておらず、ユーザーは今なお危険に晒されている。この欠

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、一部のベンダーは、オブジェクトリレーショナルSQLデータベース、PostgreSQLのセキュリティ上の欠陥を解消済みとしている。しかし、実際には脆弱問題は解消されておらず、ユーザーは今なお危険に晒されている。この欠陥はcash_out関数に存在し、主にPostgreSQL設計の問題に原因がある。この欠陥の機能の特性が不明なこともあり、解決は容易ではない。欠陥が存在する関数は、整数入力を異なるデータタイプとして処理する。この欠陥による影響の全容は未確認である。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:23 GMT、01、18、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×