新ツールの機能で新ウイルス攻撃が発生する可能性 | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

新ツールの機能で新ウイルス攻撃が発生する可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Microsoft Windows 2000、XPシステムのNIC(ネットワークインターフェースカード)のMACアドレスをユーザーが変更できる新開発のツール機能で、悪意のあるプログラム作者が短時間で拡散可能なサービス拒否攻撃を仕掛

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Microsoft Windows 2000、XPシステムのNIC(ネットワークインターフェースカード)のMACアドレスをユーザーが変更できる新開発のツール機能で、悪意のあるプログラム作者が短時間で拡散可能なサービス拒否攻撃を仕掛けることが出来る。2003年1月9日にリリースされたこのSMAC(Spoof MAC)ツールは、「ハードウェアに組み込まれた」MACアドレスを変更する訳ではない。しかし、VMWareはレジストリからMACアドレスの情報を読み込まず、実際にはVMXからMACアドレスの情報を読み込む。この結果、ユーザーはVMWare仮想ネットワークアダプター上のMACアドレスを変更できなくなる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【03:36 GMT、01、17、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×