プロキシサーバーに対してロシアのアドレスからスキャンニング | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

プロキシサーバーに対してロシアのアドレスからスキャンニング

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、正しく設定されていないプロキシサーバーを走査する高度なスキャンニングがロシアの特定の一つのIPアドレスより発信されている事が複数の情報源より報告された。当該スキャンを発信しているIPアドレス(217.107.214.2

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、正しく設定されていないプロキシサーバーを走査する高度なスキャンニングがロシアの特定の一つのIPアドレスより発信されている事が複数の情報源より報告された。当該スキャンを発信しているIPアドレス(217.107.214.246)はロシア、モスクワ市のRussian Federationとして登録されている。スキャンの対象はTCP ポート 80,3128 (Squid)、1080(SOCKS プロキシ)及び8080のサービスに対しであり1月13日より行われている事が判明。尚、これらのポートはウェブサーバーやプロキシサーバーの初期設定に関連している。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【21:47 GMT、01、17、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×