Winbios.exeおよびWindll.exeを作成するVagrNocker | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

Winbios.exeおよびWindll.exeを作成するVagrNocker

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、VagrNockerは新種のトロイの木馬である。通常、電子メールなどのファイル共有媒体を介して他のコンピューターに拡散する。VagrNockerは自己コピーをwinbios.exeおよびwindll.exeとしてWindowsディレクトリーに作成し

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、VagrNockerは新種のトロイの木馬である。通常、電子メールなどのファイル共有媒体を介して他のコンピューターに拡散する。VagrNockerは自己コピーをwinbios.exeおよびwindll.exeとしてWindowsディレクトリーに作成しようと試みる。Windows 9Xコンピューターの起動時に当該トロイの木馬が実行されるよう、2つのWindowsレジストリキーが変更される。インストールされるとリモート攻撃者からのコマンドをポート12884および21554で待機し、接続が確立すると攻撃者はパスワードおよびその他の機密データの盗用、ローカル設定の変更、ファイル管理の実行、悪意のある別のプログラムのインストールといった操作を実行できる場合がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【23:18 GMT、01、17、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×