ベンダー各社がwgetのセキュリティアップデートをリリース(更新情報) | ScanNetSecurity
2021.03.04(木)

ベンダー各社がwgetのセキュリティアップデートをリリース(更新情報)

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社がwgetのセキュリティアップデートのリリースを続けている。敵意のあるFTPサーバーや、仲介者(man-in-the-middle)攻撃を実行できる攻撃者は、FTPサーバー応答を変更して、先頭ダブルドットシーケンス

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社がwgetのセキュリティアップデートのリリースを続けている。敵意のあるFTPサーバーや、仲介者(man-in-the-middle)攻撃を実行できる攻撃者は、FTPサーバー応答を変更して、先頭ダブルドットシーケンス (../)をファイルのパス名に組み込むことができる。そのためwgetの利用により、.profileなどの任意ファイルを上書きできるようになる。さらに、ユーザーがリモートシステムに次回ログインした際に、このようなファイルを使ってシステム上でコマンドを実行することができる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【11:49 GMT、01、17、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×