メディアプレイヤーmpg123のバグを狙った攻撃用プログラムが入手可能 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

メディアプレイヤーmpg123のバグを狙った攻撃用プログラムが入手可能

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Michael Hippが作成したmpg123メディアプレイヤーがその脆弱性を狙ったリモート攻撃を受けると、このアプリケーションがインストールされたホスト上で任意のコード実行が可能になる場合がある。攻撃用プログラム(以下

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Michael Hippが作成したmpg123メディアプレイヤーがその脆弱性を狙ったリモート攻撃を受けると、このアプリケーションがインストールされたホスト上で任意のコード実行が可能になる場合がある。攻撃用プログラム(以下で解説)が生成した悪意のあるMP3ファイルは、decode_header()に2,877バイトのフレームサイズを生成させる。最終的にCファイルreaders.cの(データ)構造readers_add_data()に送信され、2,877文字を1,920バイトのバッファに読み込もうという試みが行われるため、fullread()から戻ると任意のコード実行が可能になる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:07 GMT、01、15、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×