200を超えるAvronワームの亜種が捕獲される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

200を超えるAvronワームの亜種が捕獲される

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、現在、Avronの複数のワームが非常に速く拡散している。ワームは、1つの不明な点を除いてさまざまな理由から多大な成功を収めている。Otto von Gutenberg氏が故意に作成したある不正な構造により、メールサーバーがAvron電子メールを解決できないため、複数の亜種が自動的に生成されているようである。少なくともAvronの1つの亜種は、SMTPセッションを不正に終了するようである。また、Avron.Cは、通常SMTPメールに含まれる最後のステートメントを送信しないようである。さらに、メールサーバーは、このような不完全な子電子メールを処理しようとする際、Avronの新種を実際に作成する可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:51 GMT、01、11、2003】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×