PHPの「wordwrap」にバッファオーバーフローの危険性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

PHPの「wordwrap」にバッファオーバーフローの危険性

国際 海外情報

 PHPに組み込まれている「wordwrap」機能にバッファオーバーフローの危険性が発見された。対象となるのは4.1.2および4.3.0以降のバージョン。ユーザーによって不正な入力が行われると、wordwrap () 機能の使用時にバッファオーバーフローを引き起こすことができヒープの上書きが可能となる。


NEOHAPSIS ARCHIVES
http://archives.neohapsis.com/archives/bugtraq/2002-12/0257.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×