OpenSSHのすべてのバージョンにリモートルートの問題 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

OpenSSHのすべてのバージョンにリモートルートの問題

 Global InterSec LLCから出版された報告に基づいた、Mickey MouseHackingによる6ヶ月間の検証によると、OpenSSHのすべてのバージョンにおいてPAMが可能であるという。パスワードに大量の文字列を入力することによりオーバーフローが誘発され、これはリモートからの接続

国際 海外情報
 Global InterSec LLCから出版された報告に基づいた、Mickey MouseHackingによる6ヶ月間の検証によると、OpenSSHのすべてのバージョンにおいてPAMが可能であるという。パスワードに大量の文字列を入力することによりオーバーフローが誘発され、これはリモートからの接続時にも可能だ。


OPENSSH REMOTE ROOT COMPROMISE ALL VERSIONS
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0301/29.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×