OpenSSHのすべてのバージョンにリモートルートの問題 | ScanNetSecurity
2021.03.09(火)

OpenSSHのすべてのバージョンにリモートルートの問題

 Global InterSec LLCから出版された報告に基づいた、Mickey MouseHackingによる6ヶ月間の検証によると、OpenSSHのすべてのバージョンにおいてPAMが可能であるという。パスワードに大量の文字列を入力することによりオーバーフローが誘発され、これはリモートからの接続

国際 海外情報
 Global InterSec LLCから出版された報告に基づいた、Mickey MouseHackingによる6ヶ月間の検証によると、OpenSSHのすべてのバージョンにおいてPAMが可能であるという。パスワードに大量の文字列を入力することによりオーバーフローが誘発され、これはリモートからの接続時にも可能だ。


OPENSSH REMOTE ROOT COMPROMISE ALL VERSIONS
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0301/29.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×