OpenSSHのすべてのバージョンにリモートルートの問題 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

OpenSSHのすべてのバージョンにリモートルートの問題

国際 海外情報

 Global InterSec LLCから出版された報告に基づいた、Mickey MouseHackingによる6ヶ月間の検証によると、OpenSSHのすべてのバージョンにおいてPAMが可能であるという。パスワードに大量の文字列を入力することによりオーバーフローが誘発され、これはリモートからの接続時にも可能だ。


OPENSSH REMOTE ROOT COMPROMISE ALL VERSIONS
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0301/29.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×