ベンダー各社がBugzillaのXSSの欠陥を修正 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

ベンダー各社がBugzillaのXSSの欠陥を修正

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社が、リモートで悪用可能なクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃に対処したバグ追跡ソフトウェア、Bugzillaの新バージョンを発表した。Bugzillaは、Mozillaという名前のオープンソースウェブブラウザを管理するThe Mozilla Organizationによって作成されたオープンソースプロジェクトである。攻撃者は、BugzillaのXSSの欠陥を利用して、他のユーザーからクッキーを盗み出すことができる。この結果、攻撃者は特権レベルを上げ、Bugzillaシステムにホストされている機密データを閲覧できる可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【05:16 GMT、12、31、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×