多数のセキュリティホールが存在するが、被害は少数 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

多数のセキュリティホールが存在するが、被害は少数

 セキュリティホールを発見、報告する専門家は、ハッカーよりはるかに勤勉であるか、逆に利用しているようである。Webサイトや電子メールには、数千のセキュリティホールが存在するにもかかわらず、ほとんどのユーザーはバージョンアップを行おうとしない。実際、2002年

国際 海外情報
 セキュリティホールを発見、報告する専門家は、ハッカーよりはるかに勤勉であるか、逆に利用しているようである。Webサイトや電子メールには、数千のセキュリティホールが存在するにもかかわらず、ほとんどのユーザーはバージョンアップを行おうとしない。実際、2002年に報告されたハッキングはごく少数だった。KlezやLinux Slapperワームの流行はあったが、セキュリティーホールは減ったように感じる。しかし、セキュリティホールの危険性を指摘する専門家は、同時に対策のための開発が間に合わないことと、対策ソフトメーカーが恐怖感を植え付けることで利益を得ていることを認めている。専門家たちが真剣な立場でセキュリティホールを探しているのかを疑問に思う。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×