多数のセキュリティホールが存在するが、被害は少数 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

多数のセキュリティホールが存在するが、被害は少数

国際 海外情報

 セキュリティホールを発見、報告する専門家は、ハッカーよりはるかに勤勉であるか、逆に利用しているようである。Webサイトや電子メールには、数千のセキュリティホールが存在するにもかかわらず、ほとんどのユーザーはバージョンアップを行おうとしない。実際、2002年に報告されたハッキングはごく少数だった。KlezやLinux Slapperワームの流行はあったが、セキュリティーホールは減ったように感じる。しかし、セキュリティホールの危険性を指摘する専門家は、同時に対策のための開発が間に合わないことと、対策ソフトメーカーが恐怖感を植え付けることで利益を得ていることを認めている。専門家たちが真剣な立場でセキュリティホールを探しているのかを疑問に思う。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×