Linuxベンダー各社がローカルのサービス拒否(DoS)を防御するためにカーネルをアップデート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.17(水)

Linuxベンダー各社がローカルのサービス拒否(DoS)を防御するためにカーネルをアップデート

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社はLinuxカーネルのバージョン2.2.xと2.4.xに対し、ローカルで悪用可能なサービス拒否(DoS)攻撃を防止するセキュリティパッチを含むアップデートのリリースを開始した。Linuxカーネルは、Linuxオペレー

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社はLinuxカーネルのバージョン2.2.xと2.4.xに対し、ローカルで悪用可能なサービス拒否(DoS)攻撃を防止するセキュリティパッチを含むアップデートのリリースを開始した。Linuxカーネルは、Linuxオペレーティングシステムの配布に重要なコンポーネントだが、ローカルのサービス拒否(DoS)攻撃を簡単に実行できる問題が発見されている。攻撃は、攻撃者が任意のアプリケーション内にコンパイル出来る5つの命令から構成される。この問題の攻撃用プログラムは、ASMやCなど複数の形式で一般公開されている。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:48 GMT、12、17、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×