マイクロソフトがSMBサインのバグを修正 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

マイクロソフトがSMBサインのバグを修正

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社では、サーバーメッセージブロック(SMB:Server Message Block)プロトコルで攻撃者がターゲットシステムにプログラムをインストールして実行出来るバグに対処した修正を発表している。Windows 2000やXPシステムで他のシステムとの間にSMBセッションをを構築すると、他のシステムに対する署名条件を決定できる。その他のシステムがその条件を満たすことは出来ない。または満たさない場合は、通常通信チャネルの構築を拒否される。問題は、ニゴシエーション情報が改ざんされている場合、Windows 2000やXPシステムで署名を条件付けていると、ユーザーの知らないうちにその条件をドロップしてしまい、ローカルポリシー設定に関係なく、署名なしの通信を実行してしまう可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【20:38 GMT、12、12、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×