セキュリティホール情報<2002/12/12> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.20(水)

セキュリティホール情報<2002/12/12>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

▽ FTP clients
ウェブクライアントに内蔵されているFTPクライアントに、ディレクトリトラバーサル問題が発見された。この問題により、権限外のディレクトリにアクセスすることが可能となり、ファイルの上書きなどが可能となる。

CERT
Vulnerability Note VU#210409
Multiple FTP clients contain directory traversal vulnerabilities
http://www.kb.cert.org/vuls/id/210409

SecuriTeam.com
Directory Traversal Vulnerabilities in FTP Clients
http://www.securiteam.com/securitynews/6G00B0A6AC.html

SecurtyFocus
Directory Traversal Vulnerabilities in FTP Clients
http://online.securityfocus.com/archive/1/302956/2002-12-08/2002-12-14/0

▼ ssh
SSH に任意のコードを実行される問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1596

SSH の URL を処理するルーチンは適切なチェックをしていないことが原因で、バッファオーバーフローの問題が存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

SSH - News Room
SSH Secure Shell 3.1 to 3.2.0 Windows client URL catcher buffer overflow vulnerability
http://www.ssh.com/company/newsroom/article/287/

ISS X-Force Database
ssh-client-url-bo (10723) SSH Windows client URL buffer overflow
http://www.iss.net/security_center/static/10723.php

CERT/CC Vulnerability Note 2002/12/10 更新
VU#140977 SSH Secure Shell for Workstations contains buffer overflow in URL handling feature
http://www.kb.cert.org/vuls/id/140977

▼ tomcat
Tomcat に不正アクセスされる問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1488

Tomcat は細工された URL を適切に処理できないことが原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから不正アクセスされる可能性があります。

□ 関連情報:

News & Status
http://jakarta.apache.org/tomcat/news.html

Debian GNU/Linux ─ Security Information
DSA-170-1 tomcat4 ─ source code disclosure
http://www.debian.org/security/2002/dsa-170

ISS X-Force Database
tomcat-invoker-source-code (10376)
Apache Tomcat invoker servlet used in conjunction with the default servlet reveals source code
http://www.iss.net/security_center/static/10376.php

Miracle Linux Support
tomcat4
http://www.miraclelinux.com/support/update/data/tomcat4.html

Turbolinux Japan Security Center 2002/11/12 追加
tomcat4 ソースコードの漏洩
http://www.turbolinux.co.jp/security/tomcat4-4.0.6-2.html

HP-UX security bulletins digest 2002/12/12 追加
HPSBUX0212-229 SSRT2430 Security Vulnerability in Tomcat 4.0.X
http://itrc.hp.com/


<その他の製品>
▽ CISCO
Catalyst 6500とCisco 7600にインストールされているCisco IOSのOptical Service Module Line Cardのサービスモジュールに脆弱性が発見された。この問題を利用することにより、DoS攻撃が可能となる。

SecurtyFocus
Cisco Security Advisory: OSM Line Card Header Corruption Vulnerability
http://online.securityfocus.com/archive/1/302953/2002-12-08/2002-12-14/0


<UNIX共通>
▼ tcpdump
Tcpdump に DoS 攻撃を受ける問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1592

Tcpdump は各種プロトコルをモニタリングするツールです。この Tcpdumpの print-bgp.c が原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから DoS 攻撃を受ける可能性があります。

□ 関連情報:

SCO Security Advisory
CSSA-2002-050.0 Linux: tcpdump denial-of-service in print-bgp.c
ftp://ftp.sco.com/pub/security/OpenLinux/CSSA-2002-050.0.txt

ISS X-Force Database 2002/12/04 追加
tcpdump-sizeof-memory-corruption (10695)
tcpdump sizeof operator memory corruption
http://www.iss.net/security_center/static/10695.php

Debian GNU/Linux ─ Security Information 2002/12/12 追加
DSA-206-1 tcpdump ─ incorrect bounds checking
http://lists.debian.org/debian-security-announce/debian-security-announce-2002/msg00133.html

▼ Canna
Canna に複数のセキュリティホール
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1606

Canna は実装上の原因により、複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから権限を昇格されたり Canna サーバの内部情報を奪取されたり DoS 攻撃を受ける可能性があります。

□ 関連情報:

Canna セキュリティ情報
Canna-2002-1 複数のcanna サーバーの脆弱性
http://canna.sourceforge.jp/sec/Canna-2002-01.txt

Vine Linux errata
Cannaにセキュリティホール
http://www.vinelinux.org/errata/25x/20021202-1.html

Turbolinux Japan Security Center
Canna 複数のcanna サーバーの脆弱性
http://www.turbolinux.co.jp/security/Canna-3.6-1.html

Vine Linux errata [2.1.x] 2002/12/12 追加
Cannaにセキュリティホール
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20021211.html

Red Hat Linux Security Advisory 2002/12/12 追加
RHSA-2002:246-18 Updated Canna packages fix vulnerabilities
https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-246.html

Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/12/12 追加
CAN-2002-1158
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-1158

Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/12/12 追加
CAN-2002-1159
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-1159

▼ pam_ldap
pam_ldap に権限を昇格される問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1489

pam_ldap の DNS SRV コードが原因で、バッファオーバーフローの問題が存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから権限を昇格されたり DoS 攻撃を受ける可能性があります。

□ 関連情報:

PADL Software Pty Ltd
Potential Buffer Overflow in nss_ldap DNS SRV support
http://www.padl.com/Articles/PotentialBufferOverflowin.html

Red Hat Linux Security Advisory
RHSA-2002:175-16 Updated nss_ldap packages fix buffer overflow
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-175.html

Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
CAN-2002-0825
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0825

Debian GNU/Linux ─ Security Information 2002/10/18 追加
DSA-177 pam
http://www.debian.org/security/2002/dsa-177

HP Secure OS Software for Linux security bulletins digest
2002/10/22 追加
HPSBTL0210-070 Security vulnerability in nss_ldap package
http://itrc.hp.com/

HEWLETT-PACKARD COMPANY セキュリティ報告 2002/10/22 追加
HPSBTL0210-070 nss_ldapパッケージにおけるセキュリティ脆弱性
http://www.jpn.hp.com/upassist/assist2/secbltn/HPSBTL0210-070.html

HEWLETT-PACKARD COMPANY セキュリティ報告
HPSBTL0210-070 nss_ldapパッケージにおけるセキュリティ脆弱性
http://www.jpn.hp.com/upassist/assist2/secbltn/HPSBTL0210-070.html

MandrakeSoft Security Advisory 2002/11/11 追加
MDKSA-2002:075 nss_ldap
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/2002/MDKSA-2002-075.php?dis=9.0

ISS X-Force Database 2002/11/20 追加
nssldap-dns-query-dos (10578)
nss_ldap DNS query denial of service
http://www.iss.net/security_center/static/10578.php

Turbolinux Japan Security Center 2002/12/02 追加
nss_ldap buffer overflowの問題
http://www.turbolinux.co.jp/security/nss_ldap-202-1.html

SCO Security Advisory 2002/12/12 追加
CSSA-2002-058.0 Linux: buffer overflow in nss_ldap DNS SRV
ftp://ftp.sco.com/pub/security/OpenLinux/CSSA-2002-058.0.txt

▼ dvips
Dvips に任意のコードを実行される問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1515

Dvips は dvi ファイルを ps ファイルに変換するユーティリティです。この Dvips の管理フォントが原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

Red Hat Linux Security Advisory
RHSA-2002:194-18 Command execution vulnerability in dvips
https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-194.html

Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
CAN-2002-0836
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0836

CERT 2002/10/17 追加
dvips uses system() function insecurely thereby allowing arbitrary command execution
http://www.kb.cert.org/vuls/id/169841

HP Secure OS Software for Linux security bulletins digest
2002/10/18 追加
HPSBTL0210-073 Security vulnerability in tetex (dvips)
http://itrc.hp.com/

HP社セキュリティ報告 2002/10/18 追加
HPSBTL0210-073 tetex (dvips)におけるセキュリティ脆弱性
http://www.jpn.hp.com/upassist/assist2/secbltn/HPSBTL0210-073.html

SecurityFocus 2002/10/21 追加
GLSA: tetex
http://online.securityfocus.com/archive/1/296155/2002-10-16/2002-10-22/0

CERT/CC Vulnerability Note 2002/10/23 追加
VU#169841 dvips uses system() function insecurely thereby allowing arbitrary command execution
http://www.kb.cert.org/vuls/id/169841

ISS X-Force Database 2002/10/23 追加
dvips-system-execute-commands (10365)
Red Hat Linux dvips system() function could allow an attacker to execute commands
http://www.iss.net/security_center/static/10365.php

SecurityFocus 2002/10/24 追加
MDKSA-2002:070 - tetex update
http://online.securityfocus.com/archive/1/296768/2002-10-20/2002-10-26/0

MandrakeSoft Security Advisory 2002/10/25 追加
MDKSA-2002:070 tetex
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/2002/MDKSA-2002-070.php?dis=9.0

Turbolinux Japan Security Center 2002/12/02 追加
teTeX
http://www.turbolinux.co.jp/security/teTeX-1.0.7-12.html

SecurtyFocus 2002/12/12 追加
[SECURITY] [DSA 207-1] New tetex-lib packages fix arbitrary command execution
http://online.securityfocus.com/archive/1/302954/2002-12-08/2002-12-14/0


<SunOS/Solaris>
▼ Sun Cobalt RaQ/Qube
Cobalt RaQ/Qube に権限を昇格される問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1534

Cobalt RaQ および Qube は適切なチェックをしていないことが原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、ローカルから権限を昇格される可能性があります。

□ 関連情報:

Sun(sm) Alert Notification
46988 Local User Privilege Escalation Vulnerability Involving "authenticate" on Sun/Cobalt RaQ and Qube Platforms
http://sunsolve.sun.com/pub-cgi/retrieve.pl?doc=fsalert%2F46988&zone_32=category%3Asecurity

ISS X-Force Database
cobalt-raq-authenticate-symlink (9939) Cobalt RaQ /usr/lib/
authenticate symlink
http://www.iss.net/security_center/static/9939.php

CERT 2002/12/12 追加
Vulnerability Note VU#810921
Cobalt RaQ 4 contains vulnerability allowing remote root compromise
http://www.kb.cert.org/vuls/id/810921


<リリース情報>
▼ Netscape
Netscape 7.01 (日本語版)がリリースされた。
ftp://ftp.netscape.com/pub/netscape7/japanese/7.01/windows/

▼ Netscape
Netscape 7.01 (英語版)がリリースされた。
ftp://ftp.netscape.com/pub/netscape7/english/7.01/

▽ Debian GNU/Linux
gtetrinetのアップデートパッケージがリリースされた。
http://www.linuxsecurity.com/advisories/debian_advisory-2649.html

▽ Linux Kernel
Linux 2.4.21-pre1がリリースされた。
http://online.securityfocus.com/archive/1/302324/2002-12-06/2002-12-12/0


<セキュリティトピックス>
▽ ウイルス情報
トレンドマイクロ、W97M_BEKO.A
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=W97M_BEKO.A

▽ ウイルス情報
日本ネットワークアソシエイツ、BackDoor-AKW
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virB.asp?v=BackDoor-AKW

▽ ウイルス情報
日本ネットワークアソシエイツ、PornDial-106 application
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virPQ.asp?v=PornDial-106%20application

【更に詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
   https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?sof01_sdx

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

    Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  7. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  10. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×