【詳細情報】YaWPSに認証情報を公開させるよう仕向けるリモート攻撃者 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

【詳細情報】YaWPSに認証情報を公開させるよう仕向けるリモート攻撃者

国際 海外情報

◆概要:
 Adrian Heiszler氏が作成したYaWPS(Yet another Web Portal System)アプリケーションを使用すると、リモート攻撃者は、機密の認証情報を含むユーザーデータファイルをはじめとするウェブサーバーがアクセス可能なすべてのシステムファイルを公開させることが可能になる。YaWPSコードベース全体を通してファイルアクセスルーチンが似ているため、システム内に脆弱なコードは1つ以上存在する。システムがシステムファイルを公開するよう仕向けられる一例は、以下のURLを使用した場合である。

http://www.example.com/cgi-bin/YaWPS/yawps.cgi
?action=pollit2
&id=../members/admin.dat%00

 ウェブサーバーにアクセスできるターゲットシステム上のどのようなファイルでも読み取ることが可能である。上の例では攻撃者の要求により、YaWPSシステムの管理ユーザーの暗号化されたパスワードを含むadmin.datファイルのコンテンツがダンプされる。この暗号化されたパスワードを使用すると、クッキーを偽造して簡単なリプレー攻撃を仕掛けるクラッキングを行わずに管理者を装うことができる。次に攻撃者は、memberlist.datファイルからメンバーリストを取得し、そしてmember_name.datを取得して各メンバーのパスワードを入手する。

 上述の例では、action=pollit2パラメータにより、poll結果を表示するコードセグメントをYaWPSが挿入する。id=xxxxxパラメータは、データを取得するpollを指定する。poll idには"_q.dat"のサフィックスが付与され、ファイル名全体を開くものとして処理される。nullバイト(%00)はサフィックス付きの文字列を回避するため、攻撃者が選んだファイルすべてにアクセスを許可してしまう。


◆情報ソース:
・iDEFENSE Labs, Nov. 19, 2002
・Labrt ( labrt@gmx.net ), Nov. 08, 2002

◆キーワード:
 Other: Server application

◆分析:
 (iDEFENSE 米国) YaWPSシステムへのアクセスを持つリモートユーザーは、上述の脆弱性を攻撃することができる。攻撃者は攻撃に成功すると、YaWPSの認証に使用されるユーザー名およびパスワードデータファイルをはじめとする、ウェブサーバーがアクセス可能なすべてのファイルに読み取りアクセスができる。攻撃者はこの時点で、クッキーを偽造して他のユーザーを装うことができる。さらに攻撃者はディクショナリー攻撃または総当り攻撃を実行して、暗号化されたパスワードをクラッキングし、ユーザーがパスワードを再使用している場合に他のシステムを乗っ取る可能性もある。

 YaWPSは、Perlで作成されたライトウェイトのコンテンツ管理システムである。YaWPSはウェブインターフェイス経由で完全に管理され、フラットファイルにデータが格納される。このアプリケーションに関する詳細情報は、 http://yawps.sourceforge.net/ で入手可能。

◆検知方法:
 iDEFENSEは、最新バージョンYaWPS version 0.3でこの問題が存在することを確認した。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【17:15 GMT、11、25、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×