11月のコンピュータ不正アクセスの届出状況(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

11月のコンピュータ不正アクセスの届出状況(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は12月4日、2002年11月度のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。11月の届出件数は35件。うち、侵入被害の届出が7件あり、特に影響が大きいと思われる被害が2件あったという。一つはDNSサーバの情報が改

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は12月4日、2002年11月度のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。11月の届出件数は35件。うち、侵入被害の届出が7件あり、特に影響が大きいと思われる被害が2件あったという。一つはDNSサーバの情報が改ざんされたもの。これにより、組織内のクライアントPCから外部のWebサイトを閲覧すると他の特定のサイトへ接続可能となった。もう一つはメールサーバが侵入され、不正なプログラムが起動したというもの。メールサーバが脆弱性を突く攻撃によりroot権限を奪取され、いくつかのファイルが改ざんされ、盗聴用のプログラムが仕掛けられた。IPA/ISECでは、Microsoft Data Access Componentsに含まれるRDSコンポーネントの脆弱性、DNSサーバソフトウェアBINDの脆弱性を挙げ、セキュリティパッチの適用やバージョンアップを推奨している。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20021204/0211.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×