11月のコンピュータ不正アクセスの届出状況(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

11月のコンピュータ不正アクセスの届出状況(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は12月4日、2002年11月度のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。11月の届出件数は35件。うち、侵入被害の届出が7件あり、特に影響が大きいと思われる被害が2件あったという。一つはDNSサーバの情報が改ざんされたもの。これにより、組織内のクライアントPCから外部のWebサイトを閲覧すると他の特定のサイトへ接続可能となった。もう一つはメールサーバが侵入され、不正なプログラムが起動したというもの。メールサーバが脆弱性を突く攻撃によりroot権限を奪取され、いくつかのファイルが改ざんされ、盗聴用のプログラムが仕掛けられた。IPA/ISECでは、Microsoft Data Access Componentsに含まれるRDSコンポーネントの脆弱性、DNSサーバソフトウェアBINDの脆弱性を挙げ、セキュリティパッチの適用やバージョンアップを推奨している。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20021204/0211.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×