ソフトウェア違法コピーで女性に懲役9年の宣告 | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

ソフトウェア違法コピーで女性に懲役9年の宣告

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米カリフォルニア州ロサンジェルス在住の女性が、大量のソフトウェア違法コピーを輸入した組織における彼女の役割に対し、懲役9年を宣告され、1,100万米ドルの損害賠償の支払い命令を受けたという。彼女の判決は、こ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米カリフォルニア州ロサンジェルス在住の女性が、大量のソフトウェア違法コピーを輸入した組織における彼女の役割に対し、懲役9年を宣告され、1,100万米ドルの損害賠償の支払い命令を受けたという。彼女の判決は、これまでに下されたソフトウェア違法コピーに対する懲役刑では最長と思われる。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【19:10 GMT、11、25、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×