SCO Group社がOpenLinuxのtcpdumpのアップデートを出荷 | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

SCO Group社がOpenLinuxのtcpdumpのアップデートを出荷

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、SCO Group社は、Border Gateway Protocolのコード処理における欠陥に対応したtcpdumpのセキュリティアップデートを出荷している。tcpdumpは、ユーザーが入力したBoolean式に合致するネットワークインターフェース上に

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、SCO Group社は、Border Gateway Protocolのコード処理における欠陥に対応したtcpdumpのセキュリティアップデートを出荷している。tcpdumpは、ユーザーが入力したBoolean式に合致するネットワークインターフェース上にあるパケットのヘッダーを開示してしまう。tcpdumpは、パケットの印刷や保存、あるいは読み込みなど複数の目的のために、Boolean式に合致するパケットを処理する。改ざんされたBGPパケットによって、tcpdumpのクラッシュが引き起こされる場合がある。攻撃者は、tcpdumpを使って簡単にホストでネットワークトラフィックを監視し、クラッシュさせることが可能だ。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:34 GMT、11、20、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×