サンがzlibのセキュリティアップデートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

サンがzlibのセキュリティアップデートを発表

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、サンマイクロシステムズ社では、人気の高いzlib圧縮ライブラリで発見されたセキュリティ欠陥を修正するJava SDK及びJREのパッチキットを発表した。この欠陥により、完全なシステムの侵入を許可する。侵入はローカルで、場合によってはリモートでも可能となる。zlibは、メモリーを複数回開放しようとするため、攻撃者にシステムレベルのアクセス権を与える結果につながる可能性がある。zlibライブラリのアップグレードでは、アプリケーションの欠陥が修正できないため、zlibを使用するrsync、rpm、popt、dump、cvs、rmtやその他の多くのアプリケーションもアップデートされた。ベンダーによっては2つの告示を行っている。1つはzlib、もう1つは内部zlib機能を持つアプリケーションである。zlib機能を持つアプリケーションについては、脆弱性が見られアップグレードの必要がある。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:26 GMT、11、20、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×