Linux用TurboPrintのログファイルの無効許可でDoS発生の危険性 | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

Linux用TurboPrintのログファイルの無効許可でDoS発生の危険性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Linux対応のTurboPrintで、ログファイルで設定されているデフォルトの許可が脆弱なため、攻撃者はファイルシステムに集中攻撃を仕掛ける危険性がある。ソースとRPMの何れかからデフォルトでインストールされたTurboP

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Linux対応のTurboPrintで、ログファイルで設定されているデフォルトの許可が脆弱なため、攻撃者はファイルシステムに集中攻撃を仕掛ける危険性がある。ソースとRPMの何れかからデフォルトでインストールされたTurboPrintは、グローバルに書き込み可能なログファイルを3つ作成する。攻撃対象の機器へのローカルアクセス権を持つ攻撃者は、ジャンクデータを使用し容易にファイルシステムを満たす事が出来るため、他のログエントリの書き込みが出来なくなる。悪辣な攻撃者の場合、ログファイルへの書き込みを悪用してソーシャルエンジニアリング攻撃を仕掛ける危険性もある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:52 GMT、11、14、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×