Linux用TurboPrintのログファイルの無効許可でDoS発生の危険性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Linux用TurboPrintのログファイルの無効許可でDoS発生の危険性

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Linux対応のTurboPrintで、ログファイルで設定されているデフォルトの許可が脆弱なため、攻撃者はファイルシステムに集中攻撃を仕掛ける危険性がある。ソースとRPMの何れかからデフォルトでインストールされたTurboPrintは、グローバルに書き込み可能なログファイルを3つ作成する。攻撃対象の機器へのローカルアクセス権を持つ攻撃者は、ジャンクデータを使用し容易にファイルシステムを満たす事が出来るため、他のログエントリの書き込みが出来なくなる。悪辣な攻撃者の場合、ログファイルへの書き込みを悪用してソーシャルエンジニアリング攻撃を仕掛ける危険性もある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:52 GMT、11、14、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×