SCO Group社がOpenLinux squidのアップデートを発表 | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

SCO Group社がOpenLinux squidのアップデートを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、The SCO Group社が、リモートで悪用可能と思われる問題のバグを修正した新しいsquidパッケージを発表した。squidプロキシサーバーは、WWW、FTP、Gopherを始めとするプロトコルを処理し、Unixプラットフォームでは非常

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、The SCO Group社が、リモートで悪用可能と思われる問題のバグを修正した新しいsquidパッケージを発表した。squidプロキシサーバーは、WWW、FTP、Gopherを始めとするプロトコルを処理し、Unixプラットフォームでは非常に人気の高いプロキシサーバーである。解消された問題には、HTMLメニューに構文解析するFTPディレクトリー、Gopherプロトコルでクライアントの複数の問題、接続の乗っ取りやデータの挿入を防ぐFTPダウンロードの健全さのチェックが含まれる。新しいsquidパッケージには、MSNT認証コンポーネントのアップデート、プロキシ認証クリデンシャルの転送の修正が組み込まれている。また、Mac OS Xサポートの改良も組み込まれている。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【04:32 GMT、11、15、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×