多数の米国ネットワークをハッキングした容疑でイギリス人を起訴 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

多数の米国ネットワークをハッキングした容疑でイギリス人を起訴

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、2002年11月12日、複数の米軍ネットワークに繰り返し侵入した容疑でイギリス人が米国連邦裁判所に起訴された。米国のニュージャージー州とバージニア州の裁判所で合計8件のコンピューター犯罪の容疑者として起訴されたのは、失業中のコンピューター管理者、Gary McKinnon。いずれの事件も、一般に公開されていない機密ネットワークはハッキングの被害を受けていない。米国の弁護士、Paul McNulty氏によると、このハッカーの行為は「これまでに発覚した軍用コンピューターのハッキング事件の中で、最も大規模なもの」であり、 被害総額は約90万米ドルにのぼる可能性もある。McKinnon容疑者は、全ての罪状で有罪判決を受けた場合、最大80年間の投獄と、200万ドルの罰金刑に処されることになる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【02:42 GMT、11、13、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×