総務省「電子入札・開札システム」の開発を発表(コンパック) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

総務省「電子入札・開札システム」の開発を発表(コンパック)

 コンパックコンピュータ株式会社は10月29日、総務省よりの発注を受け、物品等の調達に関する「電子入札・開札システム」の開発を行ったことを発表した。同システムは、e-Japan構想に基づく電子政府プロジェクトの一環として総務省が推進しているもので、これまで書面に

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 コンパックコンピュータ株式会社は10月29日、総務省よりの発注を受け、物品等の調達に関する「電子入札・開札システム」の開発を行ったことを発表した。同システムは、e-Japan構想に基づく電子政府プロジェクトの一環として総務省が推進しているもので、これまで書面による手作業などによって行っていた物品等の入札事務を、インターネット経由で行うことを可能にするというもの。電子申請や電子調達などを実現する電子政府プロジェクトには、国産コンピュータ・メーカーを中心に各社が名乗りを上げているが、外資系企業が受注し実際にアプリケーション開発を行ったのは稀なケースとのこと。総務省では10月25日より、一部入札案件を対象に同システムの運用を開始している。

http://www.compaq.co.jp/press/press878.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×